2012年02月

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作品展等の作品を制作する場合 「額」 ってすごく重要だったりしますね。

作品によっては、額で左右されることもあるので、気を使うことも大切ですが、

講習等の場合は、高額な額は使えません。

お手ごろで、ステキな額を探すのも結構大変だったり・・・

小さい額なら、(本に掲載しました)奥行きのある額に自作することもできますが

大きくなると大変。。。


先日、ニトリで丁度欲しかった額をゲットできました。

取り寄せもきくそうです。(置いてあるところとないところがあります)


nitori100.jpg

横37cm 縦21cm 奥行き4.5cm

この他にも、横21cm 縦16cm 奥行き4.5cmがありました。

色は、黒、白、ウッドがありました。

大きさも丁度いい感じだったのですが・・・お値段が・・・・

画像の額縁は 「999円」 小さい方が 「599円」 安い・・・

これなら講習に使える!

ちょっとした作品にも使える!

店員さんに言っちゃいました。

「ずっと売っていると思っていると、なくなってしまう物もありますが

 これは、すぐに販売終わりになったりしないでしょうか?」 と。

店員さん曰く

なんとも言えないそうです。人気商品になれば継続されます。とのこと・・・

あ~~ずっと扱って欲しい。

そこで、この額を使い初心者さん用の講習として制作したのがコレです。

pa-tu120.jpg

15種類のパーツのみ。1cm巾のペーパーを使用。一つ一つのパーツは

かなり大きく制作しやすい面と、難しい面がありますが、パーツの名前を

覚えることもできるし、飾ると結構いい感じです。

色合いが分りにくいと思いますが、シブい、シンプルを考えて選択しました。

タンを重視しています。この他にも、自分の好きな色や風水や、お部屋に合わせる

こともできるので、これからはこの作品も講習に含めていこうと思います。

クイリングのパーツは、沢山あるのでいろいろ変化させることもできます。

ニトリは、掘り出しものがあるかも♪

スポンサーサイト

内藤教室では、レシピのない講習をしています。

「え?なにそれ?」と思われますね普通は・・・でもこれが内藤教室のスタイルです。


講習が終わると次回の課題を生徒さんが決めます。ほとんど、過去の私の作品を

選ぶのですが、たまに・・・ごくたまに・・・
(注意:そのスキルに達していない場合は、お断りしています)

新しい作品を作って欲しいとリクエストされます。1月に今年の干支である

ドラゴンを講習した生徒さんに

「全ての干支を立体でやりたい!ドラゴンの他はないのですか?」と。

そう言われてみると、やっていなかったな。


生徒さんのリクエストならば、やらねば!!!と言うことで、月1回の講習に

間に合わせるように立体干支を制作しています。

先月の課題は、ドラゴンに続き ヘビとひつじを制作しました。


ヒツジは、表現しやすいのですが、意外に難しいのがヘビの立体です。

どう表現しようかと悩みました。


eto2012-2.jpg

ヒツジは、特徴があるのですぐに完成しました。


ヘビの平面は、デザインは簡単ですが、立体になるとどうデザインするか悩み

何体か制作し、もちろんボツになったものもありました。

12の干支全て、手の込んだデザインにするのもいいですが、メリハリと言うか

簡単にできる干支、ちょっと手の込んだ干支というようにした方が、面白いと

思ったので、ヘビはパーツ重視にしました。

eto2012-3.jpgeto2012-4.jpg

さっぱりなデザインだけど、ちゃんとヘビになっていませんか?

来月までに、さらに3つの干支を制作しなきゃ^^;

私の作品にないものをリクエストされるというのも嬉しいなぁ~と思いました。




 先日に続き・・・

小物と、ちっちゃいお家です。

komo-16.jpg

新婚さん?いまどきではないかな?

komo-14.jpg

これもちょっと古い感じかな(笑)

今は、電動ハブラシが主流ですよね。


そして、色々な小さい家を制作しています。

1軒目は、赤い屋根の丸い家。

12本使うタイトロールの屋根です。

komo-13.jpg

何に使うかは、まだまだお話できませんが・・・色々なお家が完成予定です。

どう使うかは、今後お話しますが、小物をいろいろ制作しています。

一つ、一つは簡単に制作できますが、沢山集まると・・・

かわいい♪


komo-1.jpgkomo-2.jpg
komo-3.jpg

定番のコーヒーに、カゴ、レモンティー。

レモンティーのレモンはちょっとだけ工夫してあります。

タイトロールでできているレモンを、カップにくっつけるだけでは

ちょっとと思い、それらしくしてみました。

komo-4.jpgkomo-5.jpg
komo-6.jpgkomo-7.jpg

マーマレードジャム、キッチンペーパー、キャンディー、リンゴ&オレンジ

一見統一性がないのですが、思いつくままに色々な小物を制作しています。

komo-10.jpgkomo-8.jpg
komo-12.jpg
komo-9.jpgkomo-11.jpg

ケチャップ&マスタード、ソルト&シュガ、ランチョンマット

はちみつポット、ミルク。

いろいろ集まると楽しいし、なにより作っていて楽しい♪

なんだか、おままごとしたくなったり(笑)

節分を放置している間に、節分終わってしまった・・・

小物があまりにも面白いので当分は、小物ばかりになりそうです。




生徒さんからこんな質問があります。

「習った作品をアレンジしてもいいんですか?」

答えは

「もちろん!嬉しいことです!」

著作権やいろいろなことを考えて、消極的になる方もいますが

習ったことを、次のステップに移行することは、私の教室では

問題ないことだし、むしろ嬉しいこと。


習ったことを、自宅でまた制作してくれるような講習を心がけて

います。だから、このエントリーで紹介する作品を見た時、すっごく

嬉しかった♪

それに、大好きな物語を再現してくれたので、ドラゴンはドラゴンでも

こうやって広がっていくことに楽しさを感じました。

講習で、ドラゴンの立体をやりました。翌月・・・RAMUさんが持って

きたものは 「エルマーの冒険」 でした。

大好きな物語です。まだまだ、RAMUさんは、クイリング歴が浅いですが

楽しんでクイリングをされています。


ramu2012-1.jpg

講習のドラゴンが・・・エルマーのドラゴンになりました。名前はボリスですね。

ボリスとエルマー。RAMUさん曰く

「大きさの対比が難しく、ちょっと合っていないです・・・」とのことでしたが、

イメージできるし、これでいい! 次にもっと違うシーンを制作するときに

違うと感じたことを生かせばいいと言いました。

ramu2012.jpg

エルマーは2cm位の小ささです。

洋服のボーダー部分にちょっとした工夫もされていて、RAMUさんの

エルマーに対する思い入れにも感動しました。

私のドラゴンが、こうやってどんどん広がっていくのは、面白い!


そして、RAMUさんの言っていた言葉に・・・

「ボリスって、角が1本なんです。ドラゴンのイメージは2本だったので

改めてエルマーを見て、角が1本でもドラゴンなんですね。」

思い込みって、作品に固定観念を植え付けてしまうけど、いろいろなもに

対して向き合うと、意外な面白い部分を発見できると思います。


何かを作る時は、いろいろな方向から見ることも重要だと彼女の言葉で

改めて感じました。


ドラゴンは空想の中から生まれたもの。

空想ってすっごく大切な部分ですね。

RAMUさん、これからも面白いもの待っています♪


このエントリーは、次女の作品を公開します。プラス今日の出来事・・・


去年11月、長女(18才)の進学先が決まり、ほっとしました。国家試験を受けるための学校に

進学します。

そして問題なのでは、次女。さくらい作品展で、「昭和の風景」という立体作品を出展したことも

ある次女。いつも傍で私の制作風景を眺めていました。時に、「どうやってそれ作ってるの?」

とは聞かれましたが、興味があるようには思えず、聞かれたことに答える程度でした。


2007年のさくらい生徒展の時に、ためしに「出展してみる?」と言うと、

「できるよ。だしてもいいよ。」との返事。

そして次女のクイリング制作がはじまりました。彼女の制作は、かなり変わっていて

鶴の恩返しと、呼称しました。(笑)


隠れてコツコツ作る。

部屋を覗くと隠す。

どうしてもできないときだけ聞きにくる。


そんなスタイルでした。なので、その気持ちを汲むべく、部屋に入るときも

なるべく見ないようにしていたので、何を出展するかも前日までわからない状態でした。

本当は、アドバイスとか・・・親子の愛とか・・・うんちゃらかんちゃら・・・やってみたかったかな

その作品は 2007「運動会」 小学5年生

jijyo1.jpgjijyo.jpg

作風が一緒なところが笑えました。ずっと見ていたんだなぁ~私の作っている姿を・・・

そして2009年のさくらい生徒展の時も聞きました。答えは一緒で・・・

制作スタイルも「鶴の恩返し」でした。

コソコソ隠れ、ペーパーを漁っては自室に篭る。

しかし、最大の難所がやってきたのです。彼女の経験ではクリアできない部分。

悩んだ挙句に聞きにきました。悩んでいることも知っていましたが、聞きにこない場合は

私はスルーします。子供だからといって甘えは無し。それに作品展に出展するならば

自分で考え、その出来を受け入れるしかないと思っていたので、ちょっとスパルタだった

かもしれません。

2009年 「昭和の風景」 中学1年生

musume2012.jpgmusume2012-1.jpg


次女が悩んだのは、背景でした。

その部分だけ、アドバイスしました。水彩画で表現することを提案し制作していました。

首の傾げかた、一人一人登場人物の動き。それとなくアドバイスしていたことをちゃんと

聞いていたのだなぁ~と。独り言のように、人物の顔を入れない場合の制作方法を

三女に説明しているときに、ちゃんと横で聞いていてくれたと、作品が完成したときに

思ったんです。子供って、教えようとすると逃げるけど・・・その子にあった指導方法を

見つけると、案外聞いているものですね。うちの次女は天邪鬼なところがあるので(笑)


今朝方悪夢を見たんです。

今日は次女の都立推薦合格発表の日。悪夢で目が覚めました。

次女の番号だけなく、彼女だけ落ちる夢です。そして私は何も言えず・・・

嫌な夢を見たと起きると、次女は大騒ぎ!!!

自転車が無い!!!!!遅れる!!!!と。

どうやらこういう日に限って盗難にあった模様。

あ~~~なんか夢が正夢になるのかな・・・。発表を見ている時間を過ぎても連絡がなく

こちらから携帯に連絡すると、メールで一言。

「落ちた」

あ~正夢か・・・

チャンスはあと2回ある。

帰宅した次女に、何を言うべきか・・・

「おやつあるよ」としか言えなくて・・・

猫を抱いてソファーに座っている次女を見てるだけでした。

午後4時。中学校の担任の先生から連絡が入りました。

「いつもお世話になっております」その言葉言っている時に、先生も気にしてくれて

連絡してくれたのね・・・ちと涙がでそうになった瞬間!

「高校から連絡がありまして・・・合格しているのに帰ってしまったと連絡がありました」

え??????????

何??????????

そんなことってあるの????????


オイオイ娘よ!

そういうところまで私のマネしないでくれるかな・・・

ま、こんな親子なんです。(笑)

悪夢は、このことを意味していたのかな?






最近の節分で思うのは、「恵方巻き」がコンビニで普通に買えるということ。

どのくらい前からだろう???気付けば売っていた。

そして、買うようになった。


東京生まれ、東京育ちの私には「恵方巻き」を食べる習慣がなく、小さいころは

豆をただただ・・・楽しくまいていた。

そして、年の数だけ食べていた。

いつからだろう・・・年の数だけ食べるのがイヤになったのは(笑)

10粒くらいがいいんだけどなぁ~。。。


父が節分についての話を、毎年毎年言っていたことも今では思い出。

父が帰宅して、節分の話をする。私はほとんど聞かず、早く豆をまきたい気持ちで

目がソワソワしていたと思う。今は天国にいる父だが、節分になると鬼のお面を

つけておどけていた姿を思い出したりもする。

今では、その役を私がしていることに、月日の流れを感じたり・・・

こんな節分の思い出も思い出しながら、制作していました。


とってもオーソドックスに仕上げました。

過去作品の、季節にプラスできるようにしてあります。

季節という作品は「春夏秋冬」ですが、時間を見つけて12ヶ月シリーズに

したいと思っています。この作品のポイントは、和の板を使うことです。

setubun2012.jpg

あれれ?この鬼・・・どこかのお母さんが怒ったような顔に見えるかも(笑)

と言うのも、娘に「この鬼、ママが怒った時の顔みたい~」といわれたので・・・Σ(´Д`;) うあ゙


setubun2012-1.jpg

そして、東でも定番になっている「恵方巻き」も。

ロールケーキを作る要領でやりました。

もう一つの節分は、またUPします。




私事なのですが、、、

実家から数分の所に子供たちと暮らしています。シングルマザーなので

ある意味気ままに暮らしていたのですが、去年の震災があり、実家に

一人で暮らしている母が心配になったんです。 しかも築50年という

それはそれは古い家。私はマンションなので、震度2くらいだと全く

気づきませんが、実家は・・・ガタガタ・・・と音をたて・・・


そんなことで、今年引越しをすることになりました。

母と同居になります。現在地から5分ほど離れた場所に引越しなので

お教室の場所が移動します。


東京の地震確立も上がり、古い家だと倒壊のおそれもあるので、大勢で

暮らすことになるので、実家を建替えることにもなりました。

子供4名と私が実家に行くので、それなりの人数に(笑)


この際なので、実家にアトリエを建設することになりました。

これで心置きなく、生徒さんもクイリングできると思います。

今、設計段階なので完成は夏過ぎだと思います。生徒さんも募集できると

思います。宜しくお願いいたします。


決まり次第お知らせしますが、毎日毎日・・・講習があるわけではないので

アトリエが空いている時は、レンタルルームとして開放しようかと考えて

います。クイリング以外で、ちょっとした場所を探している方も募集すると

思います。

どんなアトリエになるかは・・・予算とにらめっこしながら考え中です。


そして、嬉しい事が・・・

このブログを見てくださる方に感謝です。コメント欄を外しているので

ブログ内でのコミュニケーションは取れませんが、時にメールがきます。

いろいろなメールがきます。悩みや報告や・・・感想や・・・

こういったメールは、すごくすごく嬉しいことです。

些細なことかもしれないけれど、ちょっとちょっと、出会いが増えて

遠くの方ともやり取りができたり、気持ちを共有できたり、大変勉強に

なっています。ある方が「思い切ってメールしました」と・・・

思い切らなくてもいいのに・・・

クイリングという共通点でお話しができるのだから、遠慮なんてしなくて

いいのになぁ~って思っています。

些細な事でも、なんでも気になることがあれば、今はメールというツールしか

ありませんが、ytny-t.5@purple.plala.or.jp こちらにメッセージをください。

「大好きクイリング」にも書きましたが、一人一人との出会いを大切にしています。

メールをくれた方々・・・「ありがとう」

oni.jpg

これは2009年の節分です。


次回、節分をUPします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。