2012年06月

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
東京都多摩市に大好きなケーキショップがあります。

HPはないですが、食べログに情報は載っています。

お店の名前は ル・ジャルダン・ブルーです。友人の家の近くなので

行けば必ずケーキを購入。私の小腹が大変御世話になっているんです。


ある日ふと思いました。カフェもあるショップなのでこの店内に

クイリングケーキ額を飾ってもらえないかな?と。


かなり前にいとこがケーキショップをオープンしました。当時の記事

オープン時にショップケーキのコピーをクイリングで制作しプレゼントしたことがあり

大変喜んでもらったので、図々しいとは思いつつもジャルダンブルーの

責任者の方にクイリングを説明し作品を店内に飾ってもらえないかと交渉して

みました。

結果は、OKでした。責任者の方は「お礼は・・・」なんて言ってくださいましたが

これは私が勝手に押し付けたこと。地味だけど店内で誰かが目にしてくれる

だけでよかったし、いつも美味しいケーキを提供してくれる大好きなお店なので

気持ちとして受け取ってもらいたいと言いました。


来月には、責任者の方にお渡しします。

どこに飾ってもらえるかはわかりません。途中経過として完成した作品です。

jjjjjj-j.jpg

ショップの概観を取り入れています。看板もケーキもコピーです。

ce-ki212.jpgce-ki222.jpgce-ki111.jpgce-ki333.jpg

食べたことのある方は、「あ!これ~~~!」と思ってくれたら嬉しいな。

ce-ki121.jpgce-ki444.jpgce-ki555.jpgce-ki777.jpg

いつもの1cmケーキです。小さくても特徴は出すようにしています。

ce-ki888.jpgce-ki999.jpg

ちょっと照りを出すために今回は、ボンドを結構使っています。


店内のどこかで目にした方が 「これなんだろう?」と思ってもらえたら

最高に嬉しい!

地味な活動ですが、少しでもクイリングを知ってもらえたらいいなと

今後もがんばろうと思っています。

飾ってもらえたらその画像をUPします。

多摩周辺にお住まいの方で、お店に行く方は目にすることがあるかもしれません。










スポンサーサイト

とうとう干支完了です。

毎月、生徒の講習日までに3体制作しなければならなく結構しんどかった。

でも、こうでもないとなかなか制作しようと思わなかったのでありがたい

リクエストでした。

まだ、額に入れていません。とりあえず全員集合でパチリ!

eto-600.jpg

これは講習用なので、改めて大きさを合わせ作品として額におさめます。

それぞれの干支にアイディアがあります。

eto-300.jpg

【子】グレープロール重ねで横から見てもねずみに見えるようにしてあります。

eto-100.jpg

【丑】顔のジョイントを白と黄土色にすることで牛らしくしています。

eto-800.jpg

【寅】穴あきグレープにグレープを差し込むことで、より鼻らしい雰囲気に

なりました。2色のグレープにするより段差が出るのでこの方法をよく

取り入れています。最後にトラの尻尾のアイディアを紹介します。

eto-700.jpg

【卯】ウサギだけ大きくなったのは、合わせて制作するのを忘れウサギとして

制作してしまったからです。やはりシリーズで制作する時は、感に頼るのは

まだまだ先だなと思った・・・

doragon10.jpgdoragon11.jpg


【辰】これを制作したのがそもそもの始まり。どの干支もそうですが

360度どこから見てもいいように制作しています。どこから見られるか

見てもらいたいかを考えて制作するクセをつけたいと思っています。

eto-500.jpg

【巳】シンプルを追求したヘビ。穴あきグレープでヘビのトグロを表現。

制作する前の頭で描いた通りになり大満足な作品です。

eto-900.jpg

【午】本当はあし毛の馬が制作したかったのですが、周りの色との兼ね合いから

この色にしました。たてがみと鼻の中央の白毛がポイントです。

eto2012-2.jpg

【未】モコモコさをスパイラルで表現しました。角の部分ももっとリアルに

表現することも可能ですが、あえてクイリングらしさを出したくルーズロールに

しました。かわいさと癒しが出たかな・・・

eto-120.jpg

【申】トラと同じ方法で顔を制作しています。ちょっとふてくされ気味なおさるに

なっちゃいました。見えないですが後から見ると、ちゃんとおしりが赤いんですよ。

eto-200.jpg

【酉】ぽっちゃりしたニワトリです。クイリングらしさを前面に出しました。

首のところにフリンジを巻いてフサフサ感を表現しています。

eto-130.jpg

【戌】イヌと言えば、我家にはチワワとパピヨンのミックスがいるのでパピヨン!

と思いましたが、ここはグッと堪えて日本の定番「柴犬」にしました。シッポの

フサフサ感を見せたくちょっと横につけました。

eto-400.jpg

【亥】ちょっとウリ坊になりました。いのししは油断するとブタに見えてしまうので

顔の出し方を丸くせずコーンぽく出しています。背中のふさと身体の模様をしっかり

表現することでよりいのししさを出せたかなと思っています。


ようやっと終わった干支。次は平面で干支だな~~~ 当分はお休みしますが・・・


そして、トラの尻尾の表現アイディアです。

スパイラルでやると単色になってしまいます。黒と黄色のツートンにしたかったので

紙を重ねてスパイラルしていました。するとちゃんとツートンになってくれました。

supa100.jpg

1本で巻くより2本は丈夫になるので、いろいろな表現に使用できると思います。

中央のスパイラルは、斜めに巻き上げるのではなく平行に巻くようにすると

立体物に巻きつけるときに、付けたときにスパイラルになります。スパイラルを

巻きつけると、それが丸みを帯びていれば伸びたスパイラルになってしまいます。

使用する箇所を考えて、スパイラルも巻き上げるようにするとキレイな状態を

維持できます。教室では、中央のスパイラルを縦スパイラルと言っています。

1mm巾でスパイラル、巾を変えるなら巻く道具の細さにも気を配ると巻きが

きれいになります。

1mmスパイラルは、ケーキのデコに使用するとケーキが一瞬に豪華になるので

この方法は覚えておくといいかもしれません。



前回紹介できなかったC´チームのRAMさんのケーキ。

RAMさんは細かいのが得意なのでしょう・・・

1mm巾でルーズからバニーイヤー。たまにこっちが驚いてしまうような

細かいことをやってきます。画像ではよく見えませんが、看板の細工は

とても細かくちっこいリースがとってもかわいくできているんですよ★

ram300.jpg

シールとクイリングの相性もばっちり!さらに!!!!文字をクイリングで表現

しています。頑張ったよね~~~~~(泣

きれいな文字でした。

C´はかなり腕が上がりちょっとドキドキな私。


そしてB´のfromさんのチョコ

もうバレンタインは終わっていましたが、チョコを課題にしたいと

いうことで時期ではなかったけど「大人本命チョコ」をやりました。

from300.jpg

台紙の色チョイスは各自に任せました。ちょっとおとなしい感じの

ピンク系と紫系をチョイス。ちゃんとかわいくまとまりました!

小指の先ほどのチョコ。とっても小さいチョコでしたが、意外に

簡単なのでサクサク制作していましたね♪

お子さんにベアーチョコを褒められたようで、お子さんに用に

ベアーチョコを制作するとのことで、なんだか私も嬉しくなりました★

額はニトリです。599円には見えない!!!

やっぱりこの額使えるよね~~~★

次はアンティーククイリングの課題です。技術もやり方も全く違うけど

いろいろな表現を知ると、きっと自身の作品にも影響を与えてくれると

思います。がんばろうね♪




クイリングジュエリーは洋書にもあり目にすることもあります。

今回、お仕事でジュエリーを使うことになりました。

ボツになるかもしれないので採用かは決まっていませんが・・・(^^;)


使用はできますが、作品として制作しています。


○クイリングリング&ピアス

jwe400.jpgjwe300.jpg


お手入れをしていない手ですみません・・・

制作後は、額に入れて飾ることを考えているのでリングの部分も紙で

できています。


○クイリングペンダントヘッド

jwe200.jpg

エッジ加工されている紙を使用しているので、金属ぽさがあります。

ピアス、リングもエッジ加工紙です。




過去に制作したものは、金属の台を使用したり、レジン加工していました。

ring1.jpgreji10.jpgburo2.jpgbro1.jpg

今回はピアスの部分を除いてすべて紙を使いました。

最後にブローチ。

○クイリングブローチ

jwe500.jpgjwe600.jpg

これは額に入れて楽しむ用に制作しています。だからすべて紙で出来ています。

アンティーク風現代バージョンというのかな?品を出すのに苦労しました。

ボツになるか・・・採用されるかはわかりませんが、制作過程は

楽しくできたので満足しています。

使用しないジュエリーもなかなかいいかも。

どういうふうに額に収めるか???

どんな額をチョイスするかで、また雰囲気が変わるんだろうな~と

額選びが難航しそうです。







 

ずっと前から古きよき時代の街角を表現したいと思っていました。

日本だけではなく、色々な国の街頭に興味がありました。

現在ではなく、昔の街頭はとってもステキなものが多く

クイリングで雑踏を表現したいと思っています。


人を照らす街頭は、いろいろな交差を見ていたのだろうな・・・と。

ショーウィンドーを覗く女性であったり、待ち合わせであったり・・・

急いでいたり、悩み事をかかえながら歩いていたり・・・

時間ができたら制作したい題材です。


ところが、この気持ちとは違う水銀灯を制作することになり

自身が描いていた街頭とは違いますが、試しに制作してみました。

街頭がメインではないので、そんなに手の込んだものにはしませんでした。

あくまで街頭は脇役。あまり主張しない影の存在として制作しています。


raito100.jpg

何に使うかは、出来上がったらUPします。

ガラス、電球の部分は異素材です。それ以外はすべて紙です。

この街頭と植栽がどう作品に影響を与えるか・・・

組み上げるのが楽しみです。