FC2ブログ

2013年01月10日

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同時進行でいろいろな作品を制作している今日この頃・・・

この状態あまりおすすめできることではないですね。

一つ、一つ、完成させて次に移行するのが好ましいとは

思います。しかし、思い立つとやらなきゃ済まない性分。


やりかけだらけになりつつあります。


その時の気分によって、アレに手を付け、コレに手を付け

という具合で進むのですが、やはり思い入れの強いものが

先に完成します。


先日エントリーした、破壊された作品の復活状態を、今後

地味に紹介していきます。

立体の構造物的な制作の場合、制作過程は実に地味であり

組み立て前は、あまりパッとしません。

あまりの地味さに、「これ失敗かもしれん」 なんて思う

ことも多く、投げ出したこともあります。


破壊されたカフェの店内は、どうせ見えないから・・・と

当時は思い中身まで制作しませんでした。

見えない部分に拘る性分なのですが、その当時はそれで

ヨシと思ったんです。

しかし!今回は、どうせ復活させるなら店内も制作したい。


見る側が気付かない可能性が高い部分なのですが

気付かないからこそ「やりたい!」というあまのじゃくな

感じで制作しています。

そして、店舗も前回のようにスクエアにせずに、あえて

立体クイリングの部分を際立たせるために、手をかけずに

ランプ、ドア、窓に目がいくようにしてみました。

hou201319-5.jpg

このランプ、大きさ5mmです。

この店舗には、仕掛けがあります。

店舗の中には、今は見えませんが、レジがあり

ショーケースにケーキが陳列されています。


hou201319-4.jpghou201319-3.jpg

見えるかな?クリックして拡大してみてください。

ケーキの大きさは、店舗を大きくすることができない

ために、かなり小さくしなければなりません。直径3mmの

ケーキです。


店舗内にパーツを置くので、屋根に仕掛けがあります。

普通に屋根を設置してしまうと、中が暗くなり、せっかく

制作した作品が、本当に誰も気付いてくれなくなります。

だから、明かり取りが必要になります。


正面から見ると分りませんが、後ろを見ると・・・

hou201319-1.jpg

このようにプラバン仕様になっており、ここから

光が差し、若干中身が見えるということです。

作者の自己満足なので、気付かれなくてもいいのですが

「あ!なにかある!!!」と言われたら嬉しい瞬間です。


hou201319-2.jpg

上部のケーキはシールを使用していますが、

この角度では見えない3段目、2段目には、クイリングで

ケーキになっています。

ちょっとした作者の遊び心です。


次回、講習があるまでにこの続きを制作できるように

地味に制作中です。


自分だけが楽しめる小技や、隠れキャラ、仕掛けを

作品に織り交ぜるのも面白いと思っています。


追記 「名前も知らない人との恋のお話」パート2







[クイリングカフェ復活バージョン]の続きを読む
スポンサーサイト

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。