私が思うクイリング♪

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
さくらいたえこ生徒展が終わり・・・

たくさんの方がお越しくださいました。

大盛況で幕を閉じた生徒展でした。 ありがとうございました。


テーマが 「想像と創造」 だったので、色々考えることもありました。

展示会だとしたら、自分が学んできた技術を披露する場所だと私は

考えるのですが、作品展となるとまた違った意味合いがあるように

感じていまして、作品自体をただ鑑賞してもらうだけではなく、何か

メッセージ的な意味合いを含めるものだと難しく考えてしまうのです。


クイリングには、たくさんのやり方がありますね。

ちょっとしたパーツを使ってカードにしたり。

それに更に手を加えて壁掛けにしたり。

何かをリアルに再現したり。

簡単なものから大作まであります。


先ほども書きましたが、私は難しく考えてしまう傾向があるようです('''´д`''')ゝ

作品展に出す作品と、プレゼント用に作るものでは大きく違うと。

キレイに作ることは、ある程度慣れてくれば出来るようになります。

技術も学べば出来るようになります。ここまでくれば講師にもなれると

思います。


作品を見ていただく場合は、また違ったことも頭に入れなければいけない

と思うのです。

感動を与えられる作品を作ることをしたいと思っています。

とても難しいことですが、作品にエッセンスを加えることができるように

これからも頑張っていきたいと思います。

技術だけでもダメだと今回の作品展が終わり思いました。

自分に対しての反省です。

完璧なパーツだけでは、作品展の場合は面白くないと思ったのです。

これは私の考えなので、全員に対することではないですょ。

これからの自分への課題ということなんです。


さくらい先生の作品を見て、一層その想いが増したということです。

徐々に、作品展で展示した作品をここでご紹介していきます。

実物の方が断然いいのですが・・・(;´Д`)ゞ


クイリングは様々な表現があるので、その場その場で作風を変える

ことも必要だと思いました。

プレゼント用、販売用、講習用・・・それに応じた作り方がある。

アートな感覚もとっても大切ですね。

人の心に残る作品を少しでも作っていけたらいいなって思っています。

ハードルがもの凄く高いけど・・・(汗)


お越しいただいた皆様。

遠いところありがとうございました。ゆっくりお話できなくてすみません

でした。またいつか・・・このような場を設けることができるよう日々

精進していきますので、宜しくお願いいたします。

内藤貴子
関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/109-8055ad97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ