さくらい作品展出展作品5

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
平面作品です。
ボリュームあります (〃_ 〃)ゞ ポリポリ
立体クイリングが好きなので あまり平面はやらないのですが

平面の基本を さくらい先生から教えていただいているので

平面作品にも力を入れました。最後の生徒展ということもあり

かれこれ8年お世話になっている身としては ここまで成長しました。

と言う意味も含め 取り掛かりました。


先生のお宅で アンティーククイリングにも出会うことができました。

この本は 以前ここでもご紹介しましたが 私の大切な教本です。

hon.jpg


この本を先生から譲っていただいた時は 興奮しました。

日々眺めていると いろいろなことがわかってくるような気になり

アンティーク作品を作りたい! そう思い本を参考にしながらデザイン

を考え制作していきました。


ここで触れてしまうと 長文になってしまうので省きますが

フリンジは使わないことにしました。 できる限り当時の人が

何を想いながら制作したのかを考えつつパーツを組んでいきました。

本を見ながらの 独学です。


そして 平面を重視した作品がこちらです。

ante-8.jpg

平面の基礎は習ってきたのに アンティークになると知らなかった

パーツも多く 作りながら勉強ができ 一石二鳥でした。

台紙の上に布を貼り 豪華さを増すようにしました。


上の画像だとパーツがわかりにくいと思うので

ante-.jpgante-4.jpgante-3.jpg


なるべく当時の方々が制作している時のことを 自分なりに

解釈して制作しました。

見ていただいてアンティークを感じていただけたら嬉しいです♪


ante-5.jpg



次にご紹介する作品は 平面立体です。

平面ですが立体的になっています。

ante-7.jpg

花かごの部分のアール感を出すのに苦労しました。

アンティークは 繊細さと強さどちらも強調した方がいいかな?

と思いながらパーツを丁寧に制作しました。

ante-1.jpgante-2.jpg

叶わないことですが タイムマシーンに乗って

当時の製作現場を 見てみたいです。

ante-6.jpg


画像では 伝えきれなく残念ですが この作品を実際に見たい!

と言う方は 遊びにいらしてくださいね ヽ(^▽^@)ノ

クイリングって本当に奥が深いものです・・・


関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/115-9b29d85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ