ずっと悩んでいました。

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
出版してから、何度か問い合わせをいただいていたことで
どうすればいいか悩みましたが、気持ちがようやく固まりました。
出版してから少し経って、メールが来ました。

「本を購入しました。とってもかわいいので、アレンジを加えてオークションで売っても

いいでしょうか?」(少し内容を変えています)

こうやって、許可を取ってくださったことには、感謝をしたのですが・・・

なんと言っていいのか?どこまで許可していいのか?悩みました。

この話しは、最後に・・・


先日、ある話を聞いて色々調べてみて、気持ちが固まったのでお知らせします。

いい機会だったので、調べてみて思いました。

話しとは、スタンプについての使用方法です。私は、クイリングでスタンプを使うことは

ないので、話しを聞いてビックリしました。私の場合、個人で楽しむクイリングもしますが

講習や販売もするので、いろいろな約束を知らなければいけないのです。

個人で楽しんでいるクイラーさんは、神経質になることもないと思いますが、知っていると

今後の役にたつかもしれないので、お付き合いください。


スタンプとクイリングは、とっても相性がいいので、たまにコラボレーションしている

作品も目にするし、かわいいスタンプがたくさん売っているのは知っていました。

そのスタンプには、使用方法が細かくあったんです。

著作権は全ての作品に存在するのだけど、デザインに関しての使用範囲は、その作者、

作者の許す範囲が違うということがわかりビックリしたのです。

例えばスタンプ、個人で使用する(個人の所有物に使用)以外は、全てダメという作者や会社

もあれば、販売もOK!買ってくれたのであれば、ある程度許しますという作者や会社があり

正直思ったのは、これはOKのスタンプ、これはダメなスタンプ、というように覚えることは

不可能に近いと・・・ では、スタンプをクイリングに使用して、講習や販売したい時は

どうすればいいのか?

サイトで調べる(エンジェル・ポリシー)、または、一つ一つ確認を取る。

確認すれば、間違いがないということだなと思いました。


私は、スタンプを持っていないので、安心だ・・・ ではなく、こういったもの一つ一つに

いろいろな約束があるということを再確認し、ビックリもしたし、今後何かとコラボする

ときは、ちゃんと考えなければいけないと思いました。

クイリングはオリジナルだけど、使用するものに著作権があることもあるんだなぁ~と。


そして、たまに使用するクラフトパンチにも同じように著作権があるのか気になったんです。

キャラクターもののパンチには、使用許可範囲が存在していると書いてあり、個人で

楽しむのはOKだけど、販売や講習、要は金銭がからむとダメということがわかり

これも頭に入れておかないとダメなんだと思いました。


オリジナルクイリングしか制作していないから大丈夫!なんて思っていたのですが・・・

何かとコラボレーションするときは、注意が必要なんだなぁ~と考えさせられました。


長々と、スタンプとパンチについて書きましたが、私の作品に関して触れていきます。

私は、クイリングを普及させたい気持ちが大きくあり、私個人の著作権に関しては、

放棄はしませんが、許可ということを考えたいと思います。

ただ、これはあくまで私の作品に関してなので、全てのクイリングを公開している方には

当てはまりません。他の方の作品を真似してみたい。または、アレンジして販売したいと

思う場合は、作者に直接許可を取らないといけません。


私の作品を元に、何かをしたい場合(金銭が絡む場合)、または、作品展等に出展する

場合は、ご連絡ください。一つ一つお答えします。

個人で楽しむ場合は、許可は必要ありません。ブログ等にUPする場合も許可は必要

ありません。お友達にプレゼントもOKです。

私の作品に興味を持ってくれたということに感謝します。

あとは、マナーを持ってくれるといいなと思います。

一生懸命、考えて制作している作品なので、一つ一つの作品を大切に思っています。

長々とお付き合いありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/189-56f49df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ