天使の作り方♪

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
天使は、結構人気があり随分前から定期的に作ってます。

大きさは、その都度変わります。大きい天使、小さい天使…人気があるのは

中くらいの天使です。前回の販売会では、15体完売しました。

どのように作っているのかご覧下さい。

その前に、嘘か真か…

この天使は6年ほど前から作っているのですが、友人知人によくプレゼントして

いました。 プレゼントしてしばらくすると…

「結婚しました♪」

「赤ちゃんができました♪」

「ラッキーなことがありました♪」

こんなことを言われたので、私の中では ”幸福の天使” と思ってます。(自己満足ですが…)


では、いつも作っている過程をご覧下さい。

まず、顔から作ります。 その日によって細巾、並巾にするか決めます。今日は細巾です。

大きさも1/2、または1本…気分次第です。これは1/2でやりました。

小さいほうが、すぐ出来るので私は楽なんです。

p-f.jpg 

顔の大きさを見て胴体を決めます。二等身にするか、三頭身にするか悩みますが…

p-d.jpg

二等親にしました。

p-k.jpg

髪の毛を頭の大きさに合わせて作ります。20~25個くらいです。


p-r.jpg

裾につけるレースを作ります。

こんなふうにパーツを作り、後は合体させていきます。

やっぱり合体させるときが一番楽しいです♪

p-t.jpg


小さい天使ちゃんができました。

p-th.jpg


先日のお雛様と一緒に記念撮影してみました。

大きさがわかるといいですが…。

小さいと、作るパーツが少なくて済むので試験的に作る時には小さく作り、その後で

大きさを調整しレシピを作ります。 いつもこんな感じで作品を作っています。

p-hina.jpg


前回の画像では、わからないと思ったので雛に近づき撮影しました。

襟元に豪華さを表現したのがわりますか?


こうやって作ってもボツになることもあります。

なので、小さく作ってしまうクセがついたのかもしれません。


この天使の倍の大きさで作ったとしたら、髪の毛の数は2倍以上になって

しまいます。そこまでやってボツになるのはくやしいので、小さく作ってみた

ところ褒められたので、やみつきになったというわけです。


わかりにくいと思いますが、夜な夜なこんな感じで映画を観ながらマキマキ

しているんです ('''´д`''')ゝ










関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/21-102374a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ