ふと…思ったこと。

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
ちょっと忙しくて放置気味でした(^_^;

今日は、独り言です…

私がはじめて クイリング と出会ったときのことを思い出しました。

小さい頃から ” ぶきっちょ ” と言われていました。家庭科の先生にも

「ぞうきんくらいは、縫えるようにしなきゃね^^」 放課後残って教えていただきました。

母は、手先が器用で何でもこなせる人だったので、甘えていたのかもしれません。

手芸には全く興味がなく、私が中学の頃好きな人に”きんちゃく”をあげるという習慣

があったのですが、私はミシンを使うことができませんでした。

何かを作るなんて私には無理だからと、やる前から諦めていました。

唯一できることは、お料理くらいでしたが 「私はぶきっちょだから…」 とマジメ

にやらなかったように覚えています。

中学の家庭科でスカートを作る時も、エプロンを作る時も、図工で彫刻をやった時も

何もかも ”ぶきっちょ”  を武器にして逃げていましたσ( ̄、 ̄=)ンート・・・やらない…


そして そのまま年月はながれ 結婚しました。 夫がボタンを付けて欲しいと言っても

できない。 ちょっとした縫い物もできない。

周りを見れば、奥様たちは我が子のために手作りで鞄や洋服、色々なものを作っていま

した。長女のためにミシンを購入し、保育園に持っていく袋を縫うことにしました。

何度やってもまっすぐ縫えない! 斜めになる! 糸をボビンに通すことも苦労し…

上履き袋と体操着袋を作って、ミシンは納戸の奥の見えないところに押し込みました。


私は、ぶきっちょだから出来ないんだ!

無理してやることはない。

だって面白くないもん!

そして私は、ぶきっちょを前面にアピールして、手芸の道から手を引きました(大げさw)


それからも何度か、友人等の関係で手芸に関して接触する時もありましたが

完全防御! 即撤退! 即撤収!

ぶきっちょオーラを身にまとい友人の勧誘さえも跳ね除けて過ごしました。


次女を妊娠して暇をもてあまして居たときに、母が雑誌を渡していいました。

「見るだけなら手を使わないんだからいいじゃない? キレイなものもあるから

見てみれば…」 ポンと雑誌を置いていきました。

ふ~~~~ん。 興味ないけど暇だしねσ( ̄、 ̄=)

パラパラとめくりながら

お!すごいことできるんだね。 これまた手先が器用じゃなきゃできない代物だ!

よくまぁ~こんなの作るよホント… 虫眼鏡でも使っているのか?

何ページか進んだところで私の目が釘づけになりました。

小さいスペース、縦10×横12 くらいの記事でした。


なんだこれは!

見たこと無い手芸だ!


雑誌の表紙を見直して確認しました。 日本の手芸雑誌…

なんで英語なんだよ!!!!!!!!ここだけllllll(- _ -;)llllllガーン

説明が少しだけ載っていました。 ほんの数行…


手芸には興味は全くない私。 まして細かい作業なんて絶対に向いてない!

唯一高校生からやっている細かい作業と言えば、授業中に消しゴムを刻んでみたり

消しゴムで印鑑モドキを作ってみたり、辞書に小さいマンガを書いてパラパラめくって

いたり…。あ!プラモデルはよく作っていましたけどw


その記事に魅せられて、キットを購入しました。

届いたキットを見て愕然としました。 英語だったのでllllll(- _ -;)llllllガーン

手芸をやるのは初めてだったけど、説明書も英語だったけど…

あっと言う間にキットを完成させました。

とにかく面白く感じて、紙を丸めることがこんなにたのしいのかと…


そして、友人に謝りたいと思いました。

私を誘ってくれた(手芸)友人は、友人なりにその手芸を楽しんでいた。

だから私を誘ってくれた。それに気づかなかった…見る前から断っていた私…

やってみなければわからないこともあったはずなのに。


そして現在、もうすぐ二回目のハタチを迎える。

あの衝撃的なクイリングとの出会いから随分経ちましたが、未だそれ以外の

手芸を試みてはいません。なぜなら、やりたい気持ちはあるのですが、クイリング

以外は、なぜかぶきっちょなのです(-"-;;)


女優のように、人見知りでも舞台に上がると威力を発揮できるみたいに

私は、細長い紙を前にすると自分の持っている才能を発揮できるのではないか

と思うくらい、細長い紙以外のものには反応できないようです。


ん! 4年間くらい、ダラダラと自己流でクイリングを暇を見つけてはやっていましたが

限界を感じ さくらい先生のお教室の門を叩き弟子になったことが最大の武器

になったかもしれない!


きっと、先生の指導がよかったのかもしれない。

たくさん誉められ、いいところを伸ばしてくれた。

それがやる気につながった。

むりだ! できない! と思う前に出来るように指導してくれた。


先生と出会ってなかったら、今の私はいなかったかも。 

あの家庭科の先生も同じだったかもしれません。その時私が、先生の気持ちを

汲むだけの気持ちが発達していなかった。

放課後一生懸命 波縫いを教えてくれたのに…。


隠れていた才能なり、得意な部分を見つけてあげられる人は、やはり指導者として

最高なのかもしれない。 技術ばかりでもダメ… 人にものを教える立場になると

いうことは、どんなことなのか?


テキストを完成させて帰すだけではダメだと さくらい先生から教わったように思えます。

講師としては、テキストを教える。 完成させる。 終了! で仕事は終わりですが

そのテキストから生徒が、オリジナルを作れるように、一つの作品から発展させら

れるように感覚を伝えることも大切なのだと。


私個人として、初めて3月12日に講師として立つことに色々と今悩みもあります。

何を望んでいるのか、全員に同じやり方でいいのか…

一つ一つ、私が持っている技術を伝え面白い!と思ってもらえるのか…


と、ちょっとナーバスなんですがっ

もともと、そんなに落ち込んでも急浮上するヘンテコタイプなんでw

とにかく、12日は思いっきり楽しみながらやろう!


ぶきっちょな私だったけど、クイリングだけにはぶきっちょが生かされてます。

私の作品を見て、細かすぎるから無理! なんて思わずやってみたら意外に

できちゃったりするものかもしれません。

要は、コツなんです。

ぶきっちょなりに、考えたやり方があるということです。

意味不明な文になりましたが、最近の私は12日に向けてこんなことばかり

考えています。


昨日は、作品展のプレゼント作りに励んでおりました。 今日は、放置気味の

●●を作って近々UPさせる予定です。

みなさんは、クイリングに対してどんなことを感じているんだろう?

とっても知りたい! ( ̄▽ ̄)


関連記事
スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/24-29ea1bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ