世田谷総合高校「翠風祭」が終わって

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月15日~16日 世田谷総合高校 「翠風祭」 が無事終了しました。

15日のYAHOOニュースに文化祭の記事が載っていました。こちら→翠風祭

時間がなく生徒たちの模擬店を見て回ることなく終わってしまいましたが

ブース近くの出し物を少し見たり 雰囲気を楽しむことはできました。

タピオカ、ワッフル等美味しかったなぁ~。。。

生徒達はみな元気がよく礼儀正しくステキな文化祭(翠風祭)でした。

一緒に参加できたことを嬉しく思います。

2日間、クイリング体験指導をさせていただきました。在校生は出し物で忙しいことも

あったのでしょう・・・体験にはあまり参加してもらえませんでしたが

中学生 小学生 保護者の方々が両日で約140名参加していただきました。

150セット用意したクイリングキットが帰宅時には10セットしかなく

沢山の方にクイリングに触れていただけたことをありがたく思いました。


15日は、Yさんがお手伝いに来てくれたのでなんとか役員の方とスムーズに

体験を進めることができました。

今日は私一人が指導者ということだったので、不安もありましたが・・・

な・な・なんと!!!役員の方々がクイリングの予習や復習をしてきてくれたり

お手伝いしていただき昨日と同じようにスムーズに体験が進みました。

役員の皆様、ありがとうございました。


クイリング経験者は140名中 0人という今までに経験のないことでした。

少しでもクイリングを知っていただけたと思います。まだまだクイリングには

色々な表現があるので、機会があればもっと知っていただけたらと思います。


この2日間を通して、改めて大切なことを思い知らされました。それは…


幼児の絵は、独特な表現です。私もその時期に描いていた絵を今見ると

まるでピカソのようです。(ピカソなんて言いましたが、比喩表現です)

今その絵と同じように描こうとしても描けません。描いたとしても

大人の自分が出てしまう。子供の絵がなんとも言えない独特さがあるのは

慣れない鉛筆、くれよんを使い絵を描くという未知の経験ゆえだからと

思うのです。


ある体験をされた学生数名の完成作品を見た時に、見本と同じように

キレイに制作している子もいましたが、私はその中の一人の子の作品に

目を奪われてしまいました。

パーツは正直言うとキレイではありません。だけど、今しかできない

巻き方に味がありとてもステキに見えました。

きっとこの子がこの先クイリングを始めたとしたら、この巻き方は

いずれ矯正され、味が消えてしまうかもしれない。そしてもう一度この

巻き方をしようと思っても二度と同じようにできなくなってしまうかも

しれない。

キレイな巻き方は、練習をすればいずれできるようになります。


その子の作品を見て、今の表現を大切にするのも必要だと思ったんです。


何が言いたいのかわからなくなってきましたが(´-ω-`;)ゞポリポリ


キレイに作れなくてもいいと思います。楽しむことが重要だと・・・

今日、クイリングに出会って上手く巻けなかった方、納得いかなかった方、

見本はクイリング歴16年の私の作品です。同じようにできる方がいたと

すれば焦ります。。。(⌒_⌒; タラタラ

楽しんでいるうちに上達していくものなんです。


そして、上手く作ろうとしなくていいんです。

楽しむ。面白いと思う。もっとやりたいと思う。もっと知りたいと思う。

この気持ちがあればこの出会いがスタートになると思います。


大変勉強になった2日間でした。

世田谷総合高校役員の皆様有難う御座いました。

参加していただいた皆様ありがとうございました。


最後に、カレンダーにも登場しますホールケーキの誕生日バージョンを

公開します。

bdce100.jpg
直径4cm

双子の誕生日時のケーキをアバウトに再現しました。

次回こそは「生徒作品」をUPします。



心の声を覗いてもいいわ~と言う方は続きをどうぞ。


本当に充実した2日間だった。

過去の経験から150セットなんて用意したけど・・・

楽しんで体験をしてもらえるかな?・・・

ちゃんと作品として完成して持ち帰ってもらえるかな?・・・


正直、不安があった。


終ってみれば 反省点もあるけど 参加させていただいたことへの感謝ばかり。

すっごく楽しかった。


15日に参加していただいた女性が今日も来て こう言った。

「これをオリジナルで作ってもいいですか?」

たくさんペーパーは用意してあったので お好きな色でどうぞ\(^o^)/


その方は 「昨日楽しくて デザインを考えてきたんです」そう言いました。

15日にクイリングに出会って、次の日にはオリジナル制作。

好きになってくれて嬉しい。。。


見本に手を加える方も多く 見ていてその想像力に脱帽でした。

何も教えることもなく 自身で色々考えながら隙間にパーツを埋めていく・・・

まさに楽しんでいる姿を見て 本当にいい機会をもらえたと思った。


名前を名乗ることも無くバタバタと体験が終わり次から次へと人が入れ替わり

きちんと話しをすることもあまりありませんでしたが、いつかまた会えたときは

きっと文化祭の話しからはじまるのかもしれません。


今回の私の最大の目的は、「知ってもらうこと」

作品展示が、アンティーククイリングと立体、パーツという偏ったものでした。

クイリングは多くの表現があり、きっと自分の好みの手法を見つけることもできるはずです。


男性の方が夢中で制作し 完成作品を見ると・・・

女性には無い繊細な部分が見え 羨ましく思ったり。



見本から発展させ一輪の花から花びらが落ちる様子を表現した女の子。

男の子二人組みは、丁寧に丁寧に色を選び花を変形させ見事にオリジナルを制作。

みんなクイリングがはじめてと思えないほどでした。

焦るわ・・・(-∀-`; )


たくさん印象に残ることがありました。


またこういう機会があればいいな♪

私はクイリングが大好き!


内藤貴子
関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/241-276c1eb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。