工夫した窓の景色

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
クイリングカレンダーを順次発送しています。

お手元に届いた方からのメールが嬉しくて・・・嬉しくて・・・

「ありがとうございます!」(*^▽^*)

カレンダー購入はこちらから


そのカレンダーの11月の作品は、一部ボツになっているんです。

今日は、そのボツの部分をUPします。


なぜボツなのか・・・

それは、一つだけで十分なのにごちゃごちゃと余計なことをして

しまったからです。要は、蛇足。

たった一つで十分な作品なのに、私のいけないクセは

あれも、これもと付けたしたくなる。

とくに、カレンダーのような画像で見せる場合は気をつけないと

ダメだと言う事が今回勉強になりました。

では、その蛇足部分の公開です。


11cat2012-11.jpg


この部屋が余分でした。

この部屋に作品を配置しました。

でも、部屋がなくてもその作品だけで十分意味が伝わるのに

部屋を制作してしまった。

部屋に配置すると、いろいろなものの中の一つになってしまい

メインの作品が本来の意味を成さなくなってしまう。

それを今回勉強しました。


でも、言い訳じゃないけど・・・

この部屋には結構アイディアが詰っているんですよ★


11cat2012-121.jpg


窓の外に紅葉を表現していますが、外の雰囲気を

伝えるために、明かりを取り入れるように隙間を

開けてあります。だからこうやって撮影しても

外らしく見えませんか?

フラッシュ無しで撮影しています。


外をボックスのままにしてしまうと、フラッシュの

光で紅葉を映し出すことになります。

そうなると、窓からの景色が曇り空のようになるんです。

それも雰囲気が出て面白いけど、お天気の良い午後が

設定なので明かりには配慮して制作しています。


だけど、ボツ!

カレンダーを購入された方は、是非11月を参照して

ください。


よくやってしまうことは、作品を良くしようと思うばかりに

余計なことをしてしまうこと。

豪華にすることも時には必要だけど、シンプルな方が

作品として見栄えがすることもある。

全てに当てはまることもないですが、今回の11月は

ダメ出しされたいいお手本です。


実は、この部屋・・・

さらにテーブルと紅茶までセッティングされていたんです。

ごちゃごちゃと良かれと思ってしたことが、画像を見て

「なんてこった!」となったのです。

設定をちゃんと考えないと、何を伝えたいのかが

どこかに飛んでしまうのですね。。。









関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/258-df2ae135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ