クイリングのコラボ?!&名前かるた

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
2013クイリングカレンダーご購入はこちら 
在庫7冊となりました。ありがとうございます。


私は、クイリングが大好きなのでクイリングパーツのような

アクセサリーを自身でも制作して身につけますが、どうしても

耐久性に問題があるのは仕方の無いこと。レジンで加工したり

それなりに試みたりもしていますが、なかなか「これだ!」

と思うものに出会えていません。


クイリングパーツに似ているネックレスを見つけると

即買います。ルーズロールぽい、マーキーズぽい、

レクタングルぽい。現在色々歩いたわりには4個しか持って

いません。


なかなかいいのが無い。


でも、たまにネックレスを「クイリングで出来ているのかと思った」

または、「クイリングぽいですね」なんて言われると

「うふふ」って嬉しくなったり。


そこで、じゃ自分でクイリングの技法を使って作ればいいじゃん!

と思うようになりました。クイリングの技法だけ使うので

クイリングとは言えるかアヤシイのですが・・・


シルバーアクセサリーをクイリングの技法でやってみたい!


そこで、南雲先生のお教室に通い始めています。

シルバーは色々ないい商品が次から次へと販売されているので

クイリングの技法は絶対に使えるとおもったんですが、

すでにシルバーの世界でクイリングを取り入れている方も

いました。やっぱりできるんだ!と嬉しくなり、南雲先生に

基本を習っています。そして、先日私のシルバー第一号作品が

完成しました。

siru102.jpg

ルーズロールをイメージしています。

まだまだ基本の基本しかできないので、平面ですが

今後技術を磨いて、クイリング?と思ってもらえるような

シルバーアクセサリーを制作できればと思っています。


siru-101.jpg

これもはじめてのシルバー課題。磨くのがけっこう苦手(ノc_,・;)ハア・・・

紙のシルバーもあるし、クイリングを表現することは

可能だということも習い始めて手ごたえを感じています。

ただ、そこに行くには基本をやらなければならないのが

ちょっともどかしいけど。

来年のアート展までには間に合うといいなぁ~


シルバーなら、耐久性に問題はないし、気軽に身に付け

られます。クイリングとは言えなくなるかもしれないけど

まさに、クイリングアクセサリーと思ってもらえるような

自分でも納得できるものを制作できたらいいなと思って

います。立体もできると思うので、どんなものが制作

されるのか私自身も楽しみなんです♪



そして、こちらはクイリングのお話。

自分の名前をカルタで制作したのですが・・・


私ってボキャブラリーに乏しいのか?

気の利いた文字ではなく、好きな食べ物、好きな物体

そして「か」と言えば「カッパえびせん!」という

安易な考えから選んだ文字です。


ka-pa2012-2.jpg

たかこの「た」 たいやき!の「た」。昔はしっぽから

「ごめんね」なんてかわいらしくいただいた、たいやき。

今では、ほかほかのうちに食べるのが一番!買ったそばから

袋から出して頭からパクリ!あの優しい気持ちはいずこへ…


そして かっぱえびせんが好きな私は、「か」と言えば

カッパしか頭に無くそのまま「かっぱ」。


「こ」はこまいぬ様。神社や寺院が好きな私としては

これは外せない。もう「こ」はこまいぬ様しかありえない!


こんなことばかりしています (´。` ) =3


かっぱの水の部分ですが、結構好きな表現です。

ka-pa2012-1.jpg

右側の部分がかわいい。お気に入りです。



関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/261-6c714b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ