招き猫

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おめでたいものを制作すると、とても気分が良くなるので

七福神に続き 「招き猫」を制作しました。


ネットで招き猫を調べると、面白い話がたくさんあり

諸説ありますが、地元から近いということもあり、

豪徳寺説を私の中での「招き猫」の由来としてウィキペディア

を見ながら書いてみます。



題 招き猫と井伊直孝


井伊直孝 「けふは存分にたのしんじゃ 帰らふと致すか」

井伊直孝は鷹狩りを終え帰路に就いた。

その道すがら豪徳寺の前を通りかかると

にゃぉ~ん  にゃぉ~ん

門前で手招きするような仕草をした猫を見た直孝は言った。


井伊直孝  「それがしを迎え入らるると言ふとか」

手招きに誘われるように寺の中へと入る。

井伊直孝  「しからば 休むと致すか」

直孝は寺に立ち寄り休憩をすることにした。


ピカッ!ゴロゴロゴローーーー ザーザーザーーーー

突然稲光と共に、雷雨が降り始めた。


雨に降られずに済んだことを直孝は喜び、後日荒れていた

豪徳寺を立て直すために多額の寄進をした。


豪徳寺は、世田谷区にあり、桜田門外の変で暗殺された

井伊直弼のお墓もあるそうです。


おしまい。


という面白い由来や、何故手の挙げ方が違うのか、小判を持っていたり

いなかったり、いろいろな招き猫の話が載っています。ウィキペディア引用終わり



manekineko201212232.jpg

顔を入れてみました。

千万両を持っています。


ついでに、かなり昔に制作した「目玉おやじ」と目が合ったので

一緒に撮影してあげました。

manekineko201212231.jpg


最後の画像は、クイリング体験で使用する作品です。

一見難しそうに見えますが、初心者さんでも制作できます。

kyatapiga-20121223.jpg

年明けから、府中本町、武蔵境等でクイリング体験が始まります。

明日はイブですね。

我家は、イブに生まれた次女の誕生日でもあるので

ご馳走を毎年作って食べて終了・・・って感じですが

最近作るようになった ケークサレを2種類イブ仕様で

作ろうかと思っています。


ケークサレは、通っているシルバークレイ教室の方から

教えていただきました。

すっごく美味しいの!

ちょいと検索してみてください。

簡単に美味しく作れます。 キッシュの軽い感じのような・・・

先日の夕食メニュー

・ケークサレ
・生野菜のサラダ
・チキンスープ

たったこれだけなんだけど、なぜかお腹いっぱいになるケークサレ・・・

お試しあれ。









関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/273-9b59aa67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。