生徒作品&花火

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【追記 さくらい先生とデート 創国紀】


この間の猛烈な暑さから、ちょっと過ごしやすくなりましたね♪

昨日は、JRA(東京競馬場)のお祭りでした。

最近は、出版準備に追われて遊べなく・・・

アトリエの真上にちょっとしたベランダ庭があり、せめてお祭り

気分だけでもと、花火だけ見て満足しました。

ベランダ庭から見る花火は、ちょっとした贅沢です。

競馬場は2駅先ですが、十分な音と迫力は伝わってきます。

takahanabi2013721-103.jpg

風は、東から西。私は風上だったので花火はキレイに見えました。

takahanabi2013721-102.jpg

最近は、ドラえもん、まる子、にこちゃん、星、ハートと

面白い花火も上がりましたが、どれも上手く撮れず~ (・ε・`*)

いよいよラスト!

これでもかっ!というくらい毎年めちゃ上がりするので

カメラ片手に、イスから立ち上がり構えました。

takahanabi2013721-101.jpg

ものすごい数!

「いや~ よかったね~ 涼しかったしキレイだったし~」と

娘に言いました。

娘が 「8時だからあれで終わりだよ」と・・・

去年より物足りなさを感じつつも1階に降り

トイレへ。

すると・・・・さっき以上の連発の音が!!!!!!

結局、フィナーレは見れずの今年の競馬場花火でしたが

いい息抜きになりました。(最後に花火作品あり)


それでは、生徒さん作品です!


○ヨークカルチャー

馬主さんは、馬が大好きなので通常は

イヌ・ネコ・クマ・ウサギ・ブタなのですが、クマがウマに

なっています。

馬主2013718-1

ウマがスカート履くのも悪くない!p(*^-^*)q

背景が緑なのも、ウマ連想ですね。かわいくできました!

そのうち、馬のヘビーな作品でもやりましょ♪


○アトリエ

さささん&みきみきさんは、私の天敵でもある元教師組。

未だに、学校の先生と聞くと「ビクッ!」としてしまう。

一つの条件反射かな?

今回は、バラ講習でした。


mikimikiro-2013716-101.jpg

みきみきさん。見本ナシ、デザインは各自!自由!という結構キツイ

講習なのですが、全く問題なく、拍子抜けするほどでした。

斜めにするところなんてニクいわぁ~。

それと前回の課題だった「動物の仲間」が完成!

mikimikiani-2013716-102.jpg

かなり顔のパーツを貼り合せるのが難しい部分もありますが

小さいのにサイズ変更ナシで完成しました!すごい!


sasaro-2013716-101.jpg

さささん。デザインでちょっと詰っていましたが

シンプルにきっちりまとめました。

お友達に作ったものをプレゼントしてくださいね♪


今日はまだまだ続きます!


母とそんなに年がかわらない「にっこりさん」

かなりこの課題は、細かい上に、クイリングだけではない

要素もあり大変なんですが・・・完成しました!

名付けて!!!!


「軽井沢の別荘にてピアノを弾けるセレブ的ログハウス」

長いな・・・。(-∀-`; )


nikkori2013hou720-5.jpg

屋根が間に合わず・・・次回再度UPします。

家の外構は、「作ってみました!」と持ってきたので

びっくりしました。

nikkori2013hou720-4.jpg

掃き出しの窓のカーテンに注目です。

黒ネコちゃんの顔がひょっこり。そしてグランドピアノも

ひょっこり。

nikkori2013hou720-3.jpg

窓からもピアノが・・・


nikkori2013hou720-2.jpgnikkori2013hou720-1.jpg

細かい作業が多く大変だったと思います。

ドアのステンドグラスは、にっこりさんアイディア。

ネイルシールを使ったところは、なるほど~~~~やる~~~!

って思っちゃいましたよ。

後は、屋根。次回までにやってきてくださいね。


ユミさんは、三輪車を完成しました。

yumiby2013720-1.jpg

はじめにタイヤの大きさを決めます。

その大きさで三輪車の全体の大きさが決まってきます。

うっかりユミさんは、タイヤを若干大きくしてしまいましたが

大きさは、常識の範囲であれば対応できるので見本よりも

1割大きい三輪車になりましたが、可愛くできました!

色々な色で並べるとかわいいですよ。

赤・青・緑の三輪車やってみるといいかも♪


最後に・・・

hanabi201371-112.jpg


次回、秋祭りをUPします。

生徒さんにかなり好評をいただいています。

セメダインが大活躍!お楽しみに・・・


追記 さくらい先生とデート





7月14日 国立劇場小劇場にさくらい先生と先生のお友達と

創国紀を観劇してきました。


古事記を読んでいるので、「国生み」についてはとても興味があったし

日本舞踊でどこまで表現できるのかと思っていました。


恥ずかしい話し、この劇を観るまで 日本舞踊=舞妓さんが踊る踊り 程度の

認識しかなく・・・しかし、私のちんけな常識はすぐに衝撃に変わりました。


舞台がはじまって・・・


目を閉じるのも惜しいくらい引き込まれました。

言葉がない、体の表現です。

音楽と踊りと演出だけで、壮大な神の話が進んでいきます。


オオクニヌシとスセリヒメ、ヤガミヒメの古事記をちょっとだけ

脚色した恋の物語と国造りの物語です。


マリンバの演奏と共に進んでいくのですが、バチが6本という

片手に3本持っての演奏は、もう理解不能の域。

長時間、その状態で激しく演奏している。


演出も幻想的な神の場所を想像できる。

舞台に引き込まれるような錯覚を起こすのは、こういった舞台装置を

駆使すればいいのかぁ~と妙なところでメモを取りたくなったり

あまりの迫力に涙がでたり・・・


何が凄いか・・・全て凄いけど

体の表現だけで何を言いたいのか伝えられるとは・・・

手の先まで演技している。

表情は8列目辺りから見えないのだから、全てのお客様に物語を伝えるには

表情には頼れない。

それを体で補うわけだから、ものすごい運動量だし、表現力なんです。

本の中の オオクニヌシを具現化した状態を観れた。


もう一度観たい舞台です。

いや、5~6回でも観たい。


とにかくすばらしい舞台でした。

桜井先生が誘ってくれなければ出会わなかった舞台。

さくらい先生のお友達が脚本を担当しているので、脚本の竹田さんに

お話しすることもできました。

「クイリングの方ね。頑張ってね」と言われ

他の桜井先生のお友達2名にも

「あなたの作品はステキ!」

「作品展の時は、孫と遊んでくれてありがとうね」

そんな話しをしてくれました。

これって、さくらい先生が私の事を伝えてくれているということ。


そして 「また出版するのよ~」と宣伝もしてくれる。

私にはもったいないくらいの師匠だ。


素晴らしい出会いと、豊かな時間をもらえた気がした。


最後に 日本舞踊という概念が大きく変化しました。

ここまで凄いことができるということを今まで知らなかったことに

ショック。


これからは、いろいろなものを観る機会をつくろうと思っています。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/321-085e983d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。