PMCフレックス+レスキュー 銀粘土クイリング

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クイリング新刊本の表紙がとうとう決まりました!
その画像は次回のエントリーで発表します

今日のエントリーは
銀粘土のお話しです

20161203-112233.jpg
ビーズfriendに作品が掲載されました

ペーパークラフト感覚で作る
シルバークレイジュエリーのコーナーです

シートタイプではない方法で
簡単にジュエリーをクラフト感覚で
作ることができちゃう 銀粘土!
そのレスキュー(柔軟剤)の使い方も掲載されて
います。

私の掲載部分
20161203-223344.jpg

シートよりかなり丈夫です
クイリングに適した粘土ですが
他にもパンチを使う
工作のように使う

要は、乾燥させてからも加工が
できるので作品の幅が広がると思います

シートだと作品が似てきてしまったり
強度的に問題点がある
もっといい商品が発売されて
この問題点が解消されればいいんですけど
クイリングをやるには私は粘土派です

是非、この本を見かけたら
手にとってみてください★


掲載された作品は
本には全く説明文はないので
こちらでご紹介します。

silver20161203-1.jpg

まずはレスキューを5gに対して
クイリングする場合6滴練りこみます

焼成時、炉の扉は開放して
私の場合860度に設定します。

500度辺りでもくもくと煙が
バルサン並みに出ます
(個数にもよる)

少したつと煙がおさまります
扉を閉めます
温度上昇し860度で
40分焼成します。

私の流はいつもこんな感じです。
焼成は強度にも関係するので
自分の好きなように 作品によって
変えることもあります
実験も必要かもですね・・・

では掲載作品の詳細

silver20161203-2.jpg

この作品は
ゴージャスに使いたい場合は
このまま使います

それぞれに丸カンで繋がっているので
シンプルに使いたい場合は
外します

silver20161203-07.jpg

大きな中央部分を外してみました
全て分解できるので
好きなように丸カンで組み合わせる
ことのできるようにしました

このジュエリーを持っていれば
6パターンのジュエリーに変化
することができるというわけです

一番シンプルな感じは
silver20161203-05.jpg
この部分
紐につけて普段使いにもできます

そして粘土なので丈夫です
取ったり付けたり
落としても歪みません

silver20161203-04.jpg
こちらも掲載されました
レスキューを使った粘土を薄く伸ばすと
このようにクイリングらしさを出す
こともできます
この程度の薄さなら強度に問題は
ありません
これ以上薄くすると若干気をつけなければ
ならないこともあるかも・・・

silver20161203-03.jpg



レスキューのおかげです
シートではできなかったことが
できるようになりました


粘土だからクイリングとコラボすると
面白い作品も作ることができます
この作品は 私の銀粘土の先生に
褒められました♪
silver20161203-09.jpg


このデザインすごく気に入っています

もう一つのお気に入りは

太陽のような感じをイメージして
制作しました

silver20161203-08.jpg

このシリーズはもう少し詰めていきたいな

オリジナルデザインをもう少し作って
銀粘土とクイリングのコラボを
広めていきたいです

日本貴金属粘土協会講師
フレックス+レスキュー 
シルバークイリング講習受付開始
詳しくは 下記のお教室情報を
お読みください

内藤貴子クイリング教室 ytny-t.5@jcom.home.ne.jp
生徒さん募集中です!

下記のリンクに詳細があります。体験の申し込みは上記のアドレスからお願いします。
お教室情報
関連記事
スポンサーサイト
この記事のトラックバックURL
http://takaquilling.blog9.fc2.com/tb.php/365-69b7608b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © クイリング~I Love Quilling~ All rights reserved. | 

まとめ  / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。