FC2ブログ

クイリング日記

クイリングをこよなく愛する私をお伝えするブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個展が始まって7日経ちました。

毎日、在廊していないのであっと言う間だな・・・と。


今日の国際フォーラムは、なにやら中央広場でコンサート?

f20141120-102f.jpg

会場の前で設営していました。


午後から雨が降ってきたのにも関わらず、ご来場いただいた方々

ありがとうございます。


やっぱりと言うのか、展示作品を

「これは クイリングなんですか?紙でできているんですか?」

「どうしてこうなっちゃう?わからない~?」

こういった声が多く、立体はまだまだ平面に比べて認知度低いなと。


この場所は、ギャラリーを目指してくる方はそんなに多くなく

ショップがあるので、「あれ?何かやってる?」という具合で

フラフラと立ち寄る方が多いので、いいクイリングの宣伝になります。


だから余計にクイリングを知らない方が多いんです。


知っている方でも、かなりコアな作品もあるので

クイリングは知っているけど、こういうのもクイリングなんですね。

とビックリされるんです。

f20141120-105f.jpg

BUNACOとクイリングのコラボです。

f20141120-104f.jpg

イカ焼きもクイリング、日本酒もクイリング、全部クイリングの

技法でやっているんですが、なかなか伝わらないこともありました。


「大吟醸 巻き美人」というタイトルにクスクスと笑いがこぼれ・・・

やった!と一人でガッツポーズしています。


f20141120-107f.jpg

こういった、ちょっと癒し系展示もあります。


f20141120-106f.jpg

すべて種類の違う、150個のケーキコーナーもあります。

この制作は本当に大変だった・・・

150個の種類ですから、一つ一つ同じパーツを使わないように

チョコレートケーキでも、30個以上あります。全てデコレーションを

変えなければ面白い作品にならないだろうと、必死に制作し頭が飛んで

いました。その苦労はできあがった180個を前にした時に

嬉しさにかわりました♪


f20141120-103f.jpg

おなじみの「光のクイリング」も少し展示しています。


f20141120-101f.jpg

シンプルな3つのツリー。


まだまだ会期はあるので、ぜひ足をお運びください。

2013クイリングアート展を無事終了することができました。

ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。


アート展が終わり、一息つく間もなく出版の原稿を書いたり

講習等で、11月後半は休み無く・・・

でも、好きなクイリングのお仕事ですからアート展で燃え尽きる

ことなく日々過ごしています。


今日のエントリーは、アート展でのお話第一弾としてUPします。

都合によりご来場いただけなかった方にも、少しでも展示会の

雰囲気をお伝えできたらと思います。


反響をいただいた暗闇クイリング。

クイリングを知らない方が、暗闇ブースにをご覧になった後に

感想を聞くと、クイリングにはこういう展示があるものだと

思うらしく「キレイ!幻想的!心が落ち着く。」等の感想を

いただけました。



クイリングを知っている方の感想は、ちょっと違いました。

「こんな展示方法があったんだ」

「暗いところでも存在感を出せると知りました」

「こういった表現方法勉強になりました」等々でした。


この展示をどうしてもやりたかったのは、クイリングって

一定方向から見るのではなく、いろいろな方向から応用する

ことを知ると、もっともっと楽しくなると思いませんか?と

私は言いたくて、まずは見て感じてもらいたかったのです。


そこで、「明るいところでできること。できないこと」

「暗いところでできること。できないこと」をやったんです。


初日は、窓からの光が差し込んでしまい、本来の美しさが

表現できずに不本意でありました。

2日目からは、なんとか光を遮ることができ、美しい暗闇を

表現することができました。

参加した作家も、勉強になったと思うし、私が伝えた以上の

作品を制作してくれました。

かなりの画像があります!最後まで見てくださいね。


kurayami20131110-8.jpg

入り口から、上記のクイリングがお出迎え。


kurayami20131110-10.jpg

左柚華さん制作。

柚華さんは、自身のブースで音楽をテーマに作品を制作したので

その流れもあり、♪がベースになっている暗闇クイリングです。

典具帖紙も使用した作品です。

中央、右は私の作品。


kurayami20131110-3.jpg


左 まにさん作品です。半透明の紙を使いクリスマス。

やわらかい光が透けています。本来このワイヤーでできた本体は

一輪挿しなんです。フラワー用を転用しました。


中央、左の作品は、内田紀巳佳さん作品。

左の作品に使用しているベースは、台所用品を転用しました。

スポンジ置きなんです。その穴を利用して、穴あきタイトサークルを

微妙に配置すると、壁面には「花」が浮かび上がるという

なんとも計算が必要な作品でもあります。

影を見てもらう作品でもあります。


kurayami20131110-2.jpg


おおつぼゆみさん作品。

このオレンジの人形の目から光がビームのように出るんです。

ちょっとシュールぽいところに惹かれ購入した人形を使って

ティアドロップのみの作品ですが、影を見ると面白い。

クイリングには、こんな表現方法もあるんです。


kurayami20131110-7.jpg

mokomokoさん作品。

まだクイリングをはじめて間もないのに参加してくれました。

パーツのデザインもステキ。

明るいところで見ると、太陽のように見えますが

暗い場所で光があたると、違うものに感じる不思議な作品。

太い巾の紙で制作したことで、存在感もありました。



kurayami20131110-9.jpg


内藤貴子作品。なみなみ型の紙を使いました。

シンプルに影とパーツを同時に見てもらえるように

作品自体に壁を作りました。パーツと影が重なり合い

見る場所によって形も変化します。


そして、この機材は一番大きく、きっと作者が一番

大変な思いをした作品です。

(機材や照明を私がそれぞれに配り、これを使って

作品を作ってみて!と半ば強引に渡したんです)


kurayami20131110-12.jpg


きむらかづよ作品。

LED看板をネットで見かけたときに「水漕!」と

思いついたんです。じゃ、自分で制作すればいいのに!と

いうことですが、「誰か~水漕作ってみませんかぁ~」と。


みんな展示会に自身の作品に追われていた時だったので

「・・・・」でしたが、きむらさんが手を挙げてくれました。

大変だったと思います。大きいし、メインになる可能性も

あったし、未知の世界だし・・・

でも、暗闇クイリングの一番大きな作品を見事に制作して

くれました。


kurayami20131110-1.jpg


内藤貴子作品。投影機を使ったクイリングをやりたい!と

思いついたのが暗闇クイリング展示のきっかけでした。

この本体は、投影用万華鏡なんです。普通におもちゃ売り場に

売っているものです。

これを見かけたときに、中身をクイリングにしたらきっと

幻想的できれいだろう!と確信したんです。

購入し、中身をクイリングパーツに入れ替えると・・・

思った通り!!!!

「やった!」と思いました。

成功したので、みんなに声をかけたというわけです。

ですから、展示作家全員がこの暗闇展示に参加したのではなく

やりたい人だけ参加する展示になったんです。


自宅の天井に映し出されたクイリングパーツは、それはキレイで

何時間でも眺めることができました。

みんなに見てもらいたい・・・そう思ったものです。

色の無い世界もステキです。いろいろな想像を膨らませる

ことができます。


kurayami20131110-4.jpg

反対に、色のある世界です。

kurayami20131110-13.jpg

kurayami20131110-14.jpg

壁に映し出されたパーツがクルクルと回るたびに

勝手に模様を描き出してくれます。

ネタばらしすると、この機械には、数個のパーツしか

入っていません。それが、大きな模様になるんですね。


kurayami20131110-6.jpg

愉喜さん作品。

パーツ&スパイラルで表現したランプはキレイでした。

吊るしたパーツも、光を受けてキレイに見えます。

その影も美しい。

クイリングって、暗くても表現できる!


最後に、

kurayami20131110-11.jpg

愉喜さんと私のコラボ。


光と暗闇。

紙と暗闇と光。


幻想的で、心の落ち着く展示になりました。

参加してくれた作家全員に感謝です。


また、この暗闇展示はチャレンジしたい。


次のエントリーは

明るい場所です。そして作家全員のエピソード。






いよいよ明日が最終日です。

2013クイリングアート展がはじまり・・・

なんとか最終日を迎えることができそうで感極まっております。


西からクイリングキューブさんが やってきたり。立体キットのお店ホームページ

これには驚きました!まさかいらっしゃるとは思わず…

しばらくの間は、お客様対応していました(笑


ベビーカーでいらっしゃるなんて嬉しいな~

赤ちゃんがいてもクリングやってるんだぁ~

私も昔は育児の合間に(寝てる隙とか)やっていたな~


なんて思っていたら、キューブ店長だしっ(笑


ネットでは繋がっていましたが、ご本人とお会いするのは

はじめてだったので、なんだか妙な感じのご挨拶から

色々オハナシさせていただきました。  が!

子供受けはいいはずの私が・・・ちょっと油断してしまい

お子さんに恐怖を与えたらしく、泣かれた。


もうちょっと大きくなったら、あの時の誤解を解こうと思っています。


クイリングキューブ店長原さん!ありがとうございました。

2冊目の本にも作品をご協力いただいています。

とってもキュートな物語のある作品をありがとうございました。


そう言えば、本のタイトルが決定しました。

かわいい ミニチュアクイリング  です。

著者:内藤貴子 

発売日が正式に決まったら再度ご報告します。


まだ展示会は終っていませんが、多くの経験ができたこと

毎日感謝、感謝なんです。


今日は、まだひよっこだった時から私の作品を見ていた方が

いらっしゃいました。

「どんどん腕が上がっているわね」

いつも褒めてくれるんです。


まだまだ、作品的に人様に売るなんて出来ない頃から

「それ欲しいわ。作ってくれる?」と

私のファン第一号よ。といつも励ましてくださって・・・

支えてくれました。


暗闇クイリングを見てもらっていたときに

その方は 「なんだか泣いてしまいそう・・・」

そう言ってくれました。

私も泣きそうというか、泣いてしまいましたが、暗かったので

なんとか展示室から出るまでに涙は乾きました。


何もできなかった頃から私を知っているので、この成長を

見てもらえてありがたかった。

仲間とかは大切に思ったりしますが、群れるのが好きではなく

一人で行動するのが基本好きなんですが、一人でやってきたんじゃ

ないんだなぁ~。多くの人に関わったからここまで来れたんだ。と

改めて感じました。


色々な方が、この展示会に来てくださり、率直な感想や

思い出話しや、話す機会がありました。

何より嬉しいのは、展示している作家全員を褒めてくれたことです。


誰が凄いとかではなくて、みんな作品がイキイキしてる。

みんな個性的で、ずっと見ていたい。

それぞれの作家が、想いを込めたことを気づいてくれたこと。

作品を見て、優しい気持ちになれると言ってくれたこと。


技術も凄い作家もいるし、繊細な作家もいる。

人気のある作品もありますが、来場くださった方々が

どれがいいとかではなくて、雰囲気に感動してくれたことに

今回思い切って展示会を開催したことを良かったと思いました。


「ありがとう ありがとう ありがとう」です。


まだ1日残っています。


最後まで、最後の一人のお客様をお見送りするまで

全力で駆け抜けようと思っています。


次もやってくださいと言われますが・・・

あるとも ないとも 言えません。


次は、個展を開催するのが目標です。


その後、また同じ方向を向いた仲間がいれば

面白い展示会を企画したいと思います。


面白いことだけは思いつくんだけど・・・

一緒にやりたいって言ってくれるか心配(笑


次も、「え~~~~~~~そこでやるかっ!」ってこと

考えているんだけど、できるかどうかが鍵。

そしてみんなが乗ってくれるかが問題だ(笑


いつまでも、止まるのではなく 新しく遊べるものを

探していきたいと思っています。


ラストスパート!


追伸:いくつかサインを書きましたが、久しぶりだったので・・・

味が出てしまった。それを含めて内藤です。ということに

してくださるといいなっ。


明日は、お天気が心配ですが、遊びにいらしてくださいね。


kurayami2013117-1.jpg



11月5日から渋谷ルデコ にて開催しています。

たくさんの方とお話する機会もあり、毎日が充実しています。


足を運んでくださる方々に、楽しんでもらえればいいな♪

そう思っています。


11月8日からは ボタニカルクイリングジャパンの

展覧会も開催されます。毎年素晴らしい作品が多く展示され

ています。クイリング週間という嬉しい週末になりそうですね。詳しくはコチラ


クイリングの展示会では珍しい展示の仕方に取り組み

どう見ていただけるか不安でしたが、ご来場いただく皆様からは

ご好評いただいております。

あと3日、10日まで開催しているので、ぜひいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。


ワークショップも毎日日替わりです。

5日は、スタンプとクイリング(藤井先生) 終了しました。

クイリングとスタンプのコラボでした。スタンプ未経験のかたには

驚くこともあり、みなさん「こんなインクあったんだぁ~」と

大変喜んでいただきました。

6日は、内藤でした。暗闇クイリングで光の万華鏡クイリングで

表現した「万華鏡」を光ではなく、筒の万華鏡とクイリングの

コラボをしました。

ご好評いただいている「暗闇クイリング」を少しお見せします。

kurayami2013117-1.jpg

とても幻想的なので、是非実際に見ていただきたいと思っています。

kurayami2013117-2.jpg


暗闇クイリングは、他にも様々な光とクイリングのコラボが

展示してあります。

「こんな表現もあったんだぁ~」との声が多いので

プロデュースした私は、顔が歪みっぱなしです(*^ワ^*)


8日ワークショップは、小林先生のクイリングパーチメント。

パーチメントも体験できますよ。是非この機会にどうでしょうか。


9日ワークショップは、木村先生クイリングデコピンチです。デコする感覚で

ピンチを色々装飾します。

10日最終日は、愉喜先生クイリングでブックマークを作ります。読んでいる

本に挟むことができるので、是非じぶんだけのブックマークを

作って遊んでみませんか。


作家全員が、自分の表現する場を考えた展示です。


立体クイリングが多いので、珍しい作品も数多くあります。

もっと立体を知っていただきたいので、遊びに来て

ください!お待ちしております。

またまたお久しぶりでございます。

内藤貴子主催Quillingアート展が11月5日より開催します。

出展者全員が、残り5日をドキドキして過ごしています。


rudeko20131105-10.jpg 

16名の作家、ゲスト1名(クイリングキューブ店長様)

そして、今の私がこのようなことができるようになった

きっかけを与えてくださった、さくらい先生が出展します。


おいでくださる方へ再度会場のご案内です。

rudekorudeko-1025.gifクリックすると拡大します。

渋谷駅、埼京線新南口に出ると道(明治通り)を挟んでヒカリエが見えます。

ヒカリエ側に渡らずに、明治通りを恵比寿方面に明治通り沿いに歩いて

行きます。車線が多く大きな道路が明治通りです。

道沿いにルデコはありますが、見逃してしまう可能性が高く

ルデコの道を挟んで正面にスターバックスがあるので、反対側の

スターバックスを目印にすると、分りやすいと思います。

ダラダラ歩く私ですが、出口から3分~4分で到着できました。

ルデコ2階が会場です。


どんな作品が出展されるか、私も全部は知りません。

作家さんに託したので、私も当日が楽しみです。

どうしても行き詰った方には、アドバイスはしました。

でも、みんな1から、いや・・・0から創りあげました。


だから私は、その大切な作品を大切に展示したいと

思っています。

展示も作品の一部と考えています。


アート展は、作家さん一人一人が、自分のブースの中を

自身の作品と小物を使って、ディスプレイします。

常識の範囲内という約束しかないので、どのような

展示になるか・・・それも楽しみの一つになるのでは

ないかと思っています。


作家の個性が出ると思います。


作家が自分で生み出した作品を、一番いい見せ方で

展示する。

どこまで思い描いているように展示できるのか・・・

いい勉強にもなると思います。


この企画がはじまったのは2年前・・・

1年半前から、このギャラリーを予約して

どうしてもここでやりたかったことが実現しようと

しています。


2年と言っても、この2年で大きく状況が変わり

やむなく辞退された方、新しく出展が決まった方

なかなか制作できずに今も制作中の方。

そして、出展することがはじめての方。

このような展示方法の展示会に参加するのは全員

はじめてという、ちょっと無謀でもありますが

クイリング祭りということです。


難産、安産さまざまだったと思います。


でも、せっかく生み出した大切な作品です。

来場くださるお客様に少しでも楽しんでもらえるように

出展者全員で、がんばりましょう!

当日、搬入時はピクニックに行く気分で、みんなで

アイディアを出しながらディスプレイです!


大切な作品を、ステキに飾ってあげましょう♪


ある生徒さんがこう言いました。

「すっごい大変だったけど、途中でくじけそうになったけど…

段々愛着が沸いてきてカワイイって思える」

これって凄く大切なことだと思います。

自分の作品を愛することができるのは、幸せ。


かわいい作品達を見てもらう場です。

会場まで足を運んでくださるお客様に、精一杯の

おもてなしをしましょう♪


来場くださる方々へ

わからないこと、ご質問等、気軽にスタッフに

お声をかけてください。

アンケート等一切ございません。

もしも、何か感じたことがございましたら

ご感想箱へ、一言お願いいたします。


内藤貴子




追記 出展者のみなさまへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。